パーティーお役立ち情報

婚活パーティーの形式とオススメポイントを紹介

「婚活パーティーって色々開催されてるなぁ…でもどれが自分に合ってるのか分からない…」という方が多いかと思います。
また「立食タイプの婚活パーティーに行くことになったけれど、どんな準備をして行ったらいいのかな?」と、参加するパーティーの形式がどんなものか分からずお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そんな皆様のために様々な婚活パーティーの形式と代表的な形式のパーティーについての特徴を紹介します。どんなタイプの人に向いているかも紹介しますので、これを読んでご自分にピッタリの婚活パーティーを見つけてくださいね。

婚活パーティーには様々な形式がある

まず、婚活パーティーの代表的な形式を7つまとめました。
1.個室形式(年齢別個室婚活・1対1の半個室婚活など)
2.立食形式(ワイン飲み比べ会など)
3.大人数のパーティー形式(メガ婚活など)
4.イベント形式(ゲーム婚活・料理婚活など)
5.合コン形式(居酒屋飲み会婚活など)
6.お出かけ系婚活(バス旅行・クルーズなど)
7.スポーツ婚活(マラソン婚活・テニス婚活など)
本当に多種多様な婚活が開催されており、ご自身のスタイル・趣味に合ったパーティーを選ぶことができますが、あまりにも選択肢が多いのも困りものですよね。

代表的な3つのパーティー形式の特徴とオススメポイント

ここでは、頻繁に開催されている3つの婚活パーティーを中心に、形式ごとの特徴をまとめました。選ぶポイントや準備のアドバイスなども含めていますので、ご参考になさってください。

【1.個室形式の婚活パーティー】
<概要>
個室形式はスタンダードな婚活パーティーです。パーティー会場には間仕切りで仕切られた個室が並んでおり、個室ごとに女性が着席。男性が移動しながら1対1で話します。
最初に全員プロフィールカードを記入し、トークタイムではお互いのプロフィールカードを交換するので、お相手の情報をチェックすることができます。

<メリット>
・必ず異性全員と話せる
・大人数パーティーよりゆっくり話せる
・司会の進行通りに話せば良いので分かりやすい
・お相手のプロフィールが分かる
・間仕切りがあるので周りを気にせず話せる

<デメリット>
・1人と話せる時間には制限があるため、話し足りないことも
・1対1なので緊張する人も多い
・連絡先交換が規制されている場合が多い

<このパーティーがオススメの人>
・大人数の立食パーティー等では自分から話しかけられず、1人で寂しい思いをするタイプの人
・プロフィールカードでしっかりとお相手の情報を確認したい人
・周りの異性や同性の目が両方気になって緊張してしまう人
・大人数の回転寿司形式より、もう少しゆっくり話したい人

<服装>
平日や仕事帰りはスーツで構いません。休みの日なら通勤できるレベルのビジネスカジュアル、女性はワンピースなどのデートファッションが良いでしょう。
<準備すること>
1対1で3~5分程度お話します。「間が持たない…」ということにならないように、お相手の方がプロフィールカードに書いていそうな内容について調べておくと、話が膨らみます。(例えば、カフェや犬猫、有名なスポット、映画など)

【2.立食形式の婚活パーティー】
<概要>
立食タイプの婚活パーティーは、会場に参加者が全員集まりフリートークが楽しめる婚活パーティーです。飲み物や食べ物を自由に取り、気になる方に話しかけます。
食べ飲み放題スタイルですが、「ビュッフェ婚活」や「ハイグレード料理婚活」といった食事に力を入れた立食パーティー以外は、簡単な料理であることが多いようです。
お料理の内容はパーティーによって本当に様々で、『ワインの飲み比べパーティー』といった立食パーティーに行けば、お料理と共にアルコールも楽しめるのが魅力です。

<メリット>
・食事ができる気軽な雰囲気である
・パーティーによってはお酒も楽しめる
・気軽にトイレなども行けるので解放感がある
・連絡先交換が自由な場合が多い

<デメリット>
・大人数であることが多く、1人の方とゆっくり話が出来ない場合もある
・全員と話すには自分が積極的に話しかけるしかなく、全く話せないままの人もいる

<このパーティーがオススメの人>
・「1対1のお見合いは緊張するし、話が続かない…」という人
・食べながらの方が気楽で良いという人
・お酒が入った方がよく話せる人

<服装>
基本的にスーツやワンピースですが、ドレスアップパーティーの場合は正装(イブニングドレスなど)の場合もありますので、申し込む際に確認しておきましょう。男性の場合はスーツに正装用のネクタイでも大丈夫だと思いますが、やはり確認しておくと安心です。

<準備すること>
自由に話しかけるだけという形式ですので、第一印象が肝心です。髪型や服装などを綺麗にしておきましょう。
また、ワインやシャンパンといったお酒を楽しむパーティーなら、予めワインの知識などを仕入れておいた方が楽しめるでしょう。

【3.大人数形式の婚活パーティー】
<概要>
30対30、50対50など、とにかく大人数と出会えることが売りのパーティーで、休日だと1日あたりの開催回数も多いので「申し込んだけど満員だった…」ということがあまりありません。
内容的には大勢の参加者が同じ場所に集まり、男女混合で話すか、「回転寿司」形式で1人ずつ話した後フリートークというもので、連絡先交換はマッチング形式のものから、自由に連絡交換ができるものまで様々です。
ソフトドリンクなどが提供される場合もあります。

<メリット>
・たくさんの人に出会える
・個室婚活のような息苦しさがない
・連絡先交換が自由な場合もある

<デメリット>
・1人1人と話す時間が短い
・全員と話せないパーティーもある
・気になる人にアピールする積極性が必要

<このパーティーがオススメの人>
・色々な人の中から選びたい方
・たくさん人がいた方が気楽という方

<服装>
今回挙げた形式の中で、最も第一印象が重要になるタイプのパーティーですので、身だしなみや話し方、表情などには気をつけてくださいね。
平日ならスーツ、休日ならビジネスシーンでもおかしくない私服、女性はワンピースなどのデートファッションが基本です。しかし、『100人バーベキュー婚活』など、婚活内容によってはもう少しカジュアルな方が良い場合もありますので、申し込みの際に内容を確認しましょう。

<準備すること>
とにかく人数が多く、どの人が良かったかも忘れてしまいがちなので、相手に好印象を残すためには工夫が必要です。あまり派手すぎるのはNGですが、女性ならば綺麗な色のワンピースを着るほか、覚えやすいワンポイントになるアクセサリーをつけるなどの「ちょっとした工夫」をしてみてくださいね。
また、どんどん話しかけた方がチャンスも広がりますので、「よし!明日は話しかけるぞ!」と自分に言い聞かせ、話しかける練習などをしておくと良いと思います。

【4.婚活パーティーは多種多様!】
料理を作って食べる料理婚活ならエプロンが必要な場合もありますし、スポーツ婚活ならスポーツをしやすい服装で参加する必要があります。体験タイプの婚活は、その内容に服装を合わせることが大事ですね。
お出かけ系の婚活の中でも、1日バスツアーは人気です。芋掘りに行ったり、古寺巡りをしたり…と内容もバラエティに富んでいます。他にも本当に色々ありますので、とりあえず婚活パーティーの開催リストをチェックして、「あ、これやってみたい!」と思えた婚活パーティーに参加するのもアリでしょう。

まとめ

最近の婚活パーティーはジャンルやテーマが充実しています。
「ワインが好き」「ゲームが好き」…というように、はっきりとした趣味がある方には、それをテーマにした婚活パーティーをオススメしたいです。

好きなタイプの婚活パーティーなら緊張も和らぎますし、何より楽しめると思います。楽しんでいる時の笑顔が一番魅力的ですので、是非ご自身が楽しめそうな婚活に行ってくださいね。

おすすめコンテンツ

  • 初めて参加する方へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介
0120-381-385
近日開催のパーティーを探す お問い合わせ
2018年01月 ~ 4月15日までの 880 173
2017年度のパーティー実績
  • ◆参加者 3278
  • ◆カップル数 858 組成立

パーティーを探す

タイプ別で探す

関西ブライダルでは、
様々なタイプのパーティーを開催しています。
あなたに合ったスタイルをお選びください★

  • 一流ホテル
  • 平日夜の少人数
  • 個室スタイル
  • ランチ
  • セミナー

パーティー会場紹介

  • 京橋 太閤園
    詳細
  • 京橋 ホテルニューオータニ大阪
    詳細
  • 難波 スイスホテル南海大阪
    詳細
  • 梅田 帝国ホテル大阪
    詳細
  • 梅田 ホテルグランヴィア大阪
    詳細
  • 梅田 阪急インターナショナル
    詳細
  • 梅田 ヒルトン大阪
    詳細
会場一覧を見る