パーティーお役立ち情報

婚活パーティー・街コンの違いと活用方法|それぞれどんな人におすすめ?

「そろそろ結婚にも興味が出てきたし、婚活しようかな…婚活パーティーと街コンはどちらが良いんだろう?」

結婚をしたいけれど相手がいないため、婚活を始めようとしている人は多いと思います。しかし、「具体的に何をしたら良いのか分からない」という人も多いでしょう。

今回は婚活パーティーと街コンの違いや、それぞれの特徴などをご紹介します。

婚活パーティーと街コンの大きな違いは?

街コン、パーティーのイメージ

婚活パーティーと街コンの違いは何でしょうか?この章ではそれぞれの特徴をまとめました。

【婚活パーティー】
・少人数制が多い
・連絡先交換に制限がある
・開催場所は婚活パーティー会場
・結婚の本気度は高め
・飲食が付いてないことが多い
・司会のスタッフがパーティーを進行してくれる
・シニア世代も参加している

【街コン】
・大人数制
・連絡先交換が自由
・開催場所は地元の飲食店が多い
・婚活というよりは恋活
・飲食が付いていることが多い
・自由な雰囲気
・参加者の年齢が若い
・友達と参加しやすい

「街コン」は街おこしと合コンが組み合わせた造語です。そのため、地域活性化のためにも地元の居酒屋などで開催されます。

一方、婚活パーティーはの屋内のイベント会場などで開催されることが多いです。

以前は、婚活パーティーと街コンでは、上記のような違いがはっきりしていましたが、最近は飲食なしのパーティーを街コンと呼んだり、連絡先交換が自由な居酒屋婚活パーティーが開催されたりする為、その境目が無くなりつつあります。

しかし、まだまだ地元の飲み屋での街コンや、司会がキッチリ進行してくれる婚活パーティーなどが開催されています。少しでも行ってみたいと思ったら、参加してみてくださいね。

婚活パーティーとは?

婚活パーティー

【概要】
・婚活目的の男女が参加する
・プロフィールカードを交換しながらお話をする
・最後にマッチングタイムがある

【参加者】
・結婚への本気度が高い男女
・50代などの年齢層の高い人も多いのが特徴

【参加費用】
・男性4500円~6000円ほど
・女性1000円~2500円ほど

一般的な婚活パーティーは男性の方が参加費は高いです。

しかし、「男性医師オンリー婚活パーティー」などの特別なパーティーは、女性の方が参加費は高く、「女性お一人8000円~10000円」といった金額になります。

【メリット】
・司会がいるので安心して話せる
・マッチングタイムがある
・飲食が無く、時間も短めなので続けて複数の婚活パーティーに参加できる
・パーティーの種類が豊富で、年齢別パーティーなどもある

【デメリット】
・飲食が無いので話しにくいと感じる人もいる
・連絡先の交換が制限されているパーティーもあるのが不便

【婚活パーティーの種類】
パーティー会場での限定系パーティーは細かく分類されています。体験型や外出型も多いです。

・1対1の個室婚活パーティー
・公務員限定婚活パーティー
・20代限定婚活パーティー
・アラサー限定婚活パーティー
・シニア婚活パーティー…等々

・ボードゲーム婚活パーティー
・一緒にウォーキング婚活
・スポーツ観戦婚活
・料理づくり婚活…等々

【活用方法】
「日曜なら1日予定が空けられる」という人は、続けて複数の婚活パーティーに参加すると良いでしょう。1日で沢山の異性に会えるので効率的です。

また、自分が楽しめる婚活パーティーに参加すれば、例えマッチングできなくても、「楽しめたからいいや」と思えます。

●こんな人には婚活パーティーをおすすめ

・婚活を始めたいけれど、何から始めて良いかわからない人
「婚活って言っても何をしたらいいの?」という人は、とりあえず婚活パーティーに参加してみると良いでしょう。

「自分の所在地 婚活パーティー」といったキーワードで検索すると、地元の婚活パーティーがヒットします。自分の希望にあった婚活パーティーを選んで参加してみてくださいね。

・一度に色々な人に会って婚活を進めたい人
30対30といった大人数の婚活パーティーもあります。こういった婚活パーティーに複数回参加すれば、1日で大勢の異性に会えます。

・年齢が高いが婚活したいと思う人
40代50代でも参加できる婚活パーティーも増えました。「年齢的なものはあるけれど、パートナーが欲しい」という人には婚活パーティーがピッタリです。

街コンとは?

街コンのイメージ

【概要】
・地域活性化のための男女混合イベント
・地元の飲食店で行われる飲み会テイストの合コン
・大抵飲食が含まれる

【参加者】
・結婚はまだ考えていないが恋人は欲しい人
・異性と話したい人
・興味があるので友達と何となく婚活したい人

【参加費用】
・男女共に4000円~5000円(アルコールも含めた飲食代も込み)
・内容によっては女性が500円~1000円と安い

【メリット】
・気楽に参加できる
・ついでに食事ができる
・男女ハッキリと別れていないため、同性の友達ができることも
・LINEなどの連絡先交換がしやすい

【デメリット】
・「半年以内に結婚したい!」といった人が少ない
・単なる食事会で終わる可能性も高い
・司会が厳格に会を進めるわけではないため、異性とあまり話せずに終わることもある

【種類】
・居酒屋街コン
・街めぐり(皆で散歩がてら街を巡る)
・謎解き街コン
・同じ趣味限定の街コン(音楽好き街コン・アニメ好き街コン・猫好き街コン)
・物づくり街コン(料理などを作る)
・婚活街コン

最近は飲食のない街コンも現われ、種類も色々と増えつつあります。婚活が目的の街コンも現れました。

婚活街コンは、参加できる男女の年齢が限定されていたり、申し込みサイトに「婚活」と書いてあったりします。しっかりと参加条件などを読んでから申し込みをすると良いでしょう。

【活用方法】
「まず異性との会話に慣れたい」という人には街コンがピッタリです。あまり結婚に重きを置いていない人が多いので、気楽に話せます。

共通の趣味や生活圏の場合、異性との話に盛り上がるだけでなく、参加した同性とも友達になれる可能性があり人脈が広がります。

「街コンのおかげで地元の居酒屋に詳しくなった。彼女が出来たら連れて行ける」といった人も。引っ越してきた人も、とりあえず街コンに行けば男女ともに友達ができるかもしれません。

●こんな人には街コンがおすすめ

・一人ではどうしても婚活イベントに参加する勇気が出ない人
街コンは、友達同士でも参加できるのが魅力。まずは友達を誘って参加してみると良いでしょう。

・恋愛したいけれど出会いがない
「異性との出会いが全くない…」という人におすすめです。街コンは参加者も多いので、ちょっと良いなと思える異性がいる可能性も高いですよ。

・異性とのコミュニケーションに慣れたい
「学生時代から、恋人どころかほとんど異性と会話をしたことがない」という人も多いです。異性との会話に慣れるのも、街コンがピッタリでしょう。

・とりあえず異性と話したい
「職業的にも異性と全然話せない」という人もいます。居酒屋街コンなら、食事がてら会話ができますので、楽しいでしょう。

婚活パーティーと街コンはどちらかにこだわらず参加してみて

婚活パーティーも街コンも、気軽に参加できるイベントです。どちらかにこだわらず、両方に参加してみるのもアリだと思います。

「結婚条件から外れているけれど、婚活イベントで意気投合した異性と結婚したくなった」ということはよくあります。

両方に共通する点として、気に入る異性がいないと心からガッカリしてしまう方がいらっしゃいます。

「今日は何の結果も出なかった…時間を損した」と思ってしまう人は、ゲーム街コンや料理婚活といった、自分の趣味が満喫できるイベントに行きましょう。そうすれば「まあ、充実していたから良いか」と思えます。

最初は、「出会いがなくても、自分が楽しめそうなパーティー」を選んで、徐々に婚活でのコミュニケーションに慣れていくのがおすすめです。

とにかく出会って、話してみないことには恋は始まりません。是非、婚活パーティーや街コンに参加してみてくださいね!

おすすめコンテンツ

  • 初めて参加する方へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介
06-6728-8434
近日開催のパーティーを探す お問い合わせ
2019年1月 ~ 1月13日までの 51 10
2018年度のパーティー実績
  • ◆参加者 2728
  • ◆カップル数 515 組成立

パーティーを探す

タイプ別で探す

関西ブライダルでは、
様々なタイプのパーティーを開催しています。
あなたに合ったスタイルをお選びください★

  • 一流ホテル
  • 平日夜の少人数
  • 個室スタイル
  • ランチ
  • セミナー

パーティー会場紹介

  • 京橋 太閤園
    詳細
  • 京橋 ホテルニューオータニ大阪
    詳細
  • 難波 スイスホテル南海大阪
    詳細
  • 梅田 帝国ホテル大阪
    詳細
  • 梅田 ホテルグランヴィア大阪
    詳細
  • 梅田 阪急インターナショナル
    詳細
  • 梅田 ヒルトン大阪
    詳細
会場一覧を見る