【女性向け】婚活パーティーでの会話のポイントやネタ、NG質問を紹介

2020/11/30

婚活パーティーに参加しているけど何を話したら良いかわからない。

気になる男性との会話が続かない。

なかなかカップリングしない。

今回はこのような悩みをもつ女性に向けて、婚活パーティーで男性と会話するときのポイントや、会話に困らないときのテクニックやネタ、NG集を解説します。

過去に同じような悩みを持つ女性が、カウンセラーのアドバイスを受けて改善した例や結婚した事例も紹介しますので、参考にしてみてください。

女性が婚活パーティーで印象良く会話するときのポイント5つ

女性が婚活パーティーの会話を印象良くするためのポイントは下記の5つです。

  • 笑顔で会話をする
  • お相手を褒める
  • あいづちをうつ
  • 相手が話しやすいような質問をする
  • 興味があることは積極的に取り組む

 

笑顔で会話をする

笑顔で会話をすることは、印象を良くするための基本です。

話すときも聞くときも笑顔で楽しそうにしている人と、つまらなさそうにしている人どちらと付き合いたいと思うでしょうか?

笑顔で楽しく話す人をみなさん選ぶはずです。

このことを自分の場合にあてはめて、婚活パーティーで話したりお相手の話しを聞いたりするときも笑顔でいると、お相手からの印象が良いものになります

会話中に意識してみると、意外とできていないと気付くことも多いです。

 

お相手を褒める

男性は外見を褒められると嬉しいものです。

なぜなら男性は、外見について褒められる機会があまり多くないからです。

シンプルに「カッコイイですね」と外見を褒めてみてください。イケメンでなくても、スーツが似合っていたら「スーツ姿カッコイイですね」とほめると、男性は喜びます。

また男性は理屈で考えるので「色合いも良くてセンスがいいと思います!」という風に理由つきで話すと、さらに喜んでくれるはずです。

 

あいづちを打つ

あいづちは誰でも簡単に使うことができて、汎用性も高いです。

会話を盛り上げたり続けたりすることが苦手な人は、まずはあいづちの「さしすせそ」を覚えてみてください

  • さ・・・「さすがです」
  • し・・・「知らなかったです」
  • す・・・「すごいですね」
  • せ・・・「センスがいいですね」
  • そ・・・「そうなんですね」

このような言葉を使えば、会話相手も話しやすくなります

聞き上手にもなれますので、知らなかった人は使ってみてください。

 

相手が話しやすいような質問をする

話すのが苦手という方は、お相手が気分よく話してもらえるよう会話が続きやすい質問をすることも一つの手です。

初対面の人なら誰でも使える質問は以下の5つ。

  • 出身地
  • 趣味やハマっていること
  • 休みの日の過ごし方
  • お仕事
  • 好きなタイプ

ほかにも相手から質問されたことを答えたあとに、そのまま聞き返してみたり、プロフィールカードを見て気になったことを聞いてみることもおすすめです。自分の趣味や経験と関わりのあることを聞くと、その後の会話を広げられます

 

興味があることは積極的に取り組む

こちらはすぐに使えるテクニックではありませんが、普段生活しているなかで自分の興味があることは積極的に取り組むようにしましょう。

なぜならそうすることで、自分の魅力も増えて会話の引き出しが広がるからです。

興味があることや気になっていることに取り組むと、経験やできることが増えます。新しい趣味に取り組むや気になっている場所を旅行する、自分磨きをするなど積極的に行動してみてください。

そうすることでお相手から魅力的にうつりますし、会話の引き出しが増えます

気になる男性との会話で困らないための話ネタ

続いて婚活パーティーで気になる男性と会話するときに、困らないための会話ネタを4つ紹介します。

目についたものの話しをする

一番簡単な方法が自分の目に入ったものの話をすることです。

たとえばお相手が身に着けている服について、「似合っていますね!どこで買ったんですか?」と話したり、パーティー会場に来るときに気になったスポットやその話題を会話に出したりしてみましょう。

それ以外にも食事しながらのパーティーでしたら、「この料理美味しいですね」など、自分がいま目にしているものや触れているものがあれば、会話を続けることができます。

 

お相手の容姿について話す

たとえば会話相手の男性がとても気になっていて、がっちりしている体型の場合、「何か運動されているんですか?」、「学生時代、何か部活動をしていたんですか?」と聞いてみてください。

お相手が野球をしていて、自分が球技が苦手なら「野球ができるのすごいですね!」と伝えてみましょう。それ以外にも背が高くてスラっとしている男性なら、「スタイルがいいですね!」と伝えてみるのも良いです。

先にも述べたように男性は、女性から褒められると喜んでくれます。気づいた点はどんどん褒めることをおすすめします。

 

緊張していることをそのまま伝える

はじめての婚活パーティーやはじめて出会った人と話すときには、みんな緊張しています。

その気持ちをそのままお相手に伝えてしまいましょう。

「私緊張しやすくて、今すごく緊張しています!」というように初々しい感じで、素直に気持ちを伝えてくれると、男性としては嬉しいものです。

お相手も緊張しているので、感情を共有することで少し話しやすくなります。

 

質問されたことを質問で返す

こちらは男性から積極的に質問してくれる場合に使えるテクニックです。

何か質問されたことに対して、自分が答えたあとその質問を返してみてください。

たとえばお相手から「趣味は何ですか?」と聞かれたら、自分の趣味を答えて、「〇〇さんの趣味とかハマっていることは何ですか?」という風に質問してみましょう。

こうすることで会話のキャッチボールになるので、どちらか一方がずっと話し続けるということも無くなります。お相手が答えやすいように、質問を少し変えてあげるとベストです。

 

婚活パーティーで初対面の男性に聞いてはいけない2つのNG質問

いっぽうで婚活パーティーなどで、初対面の男性に聞かないほうが良いこともあります。

プライバシーに関わる質問

一つ目はプライバシーに関わる質問です。初対面の場合、いきなり年収や過去の恋人などを聞くのは避けましょう

誰でも信頼性を築けていないときに、このような質問を受けると答えにくいです。

婚活でスペックや条件にこだわってしまい、はじめて会う人にこのようなことを聞くと、人を表面的にしか見ないのだなと思われる可能性もあります。

婚活パーティーだから聞いても大丈夫ということはありません。ですので日常生活で会ったばかりの人に聞くと失礼にあたることは、基本的に婚活でも聞かないよう注意してください。

 

結婚について細かく聞いてくる

男性からすると結婚の話はとても重たいものです。

徐々に男女の役割について考え方が変化しつつありますが、男性が女性を養わないといけないと思っている人もなかにはいます。女性としてもそれが普通と考えている人もいるでしょう。

そのような背景があるため、初対面の人に結婚について聞かれると重たく感じてしまいます。

すぐに結婚したいと考えている男性もいますが、最初は他愛もない質問や会話をするように心がけてみてください。

そのほかには愚痴や悪口などネガティブな話題もNGです。結婚して一緒に住んでいても、愚痴ばかり聞かされているとげんなりします。

ポジティブな話題で会話するようにしてみましょう。

 

婚活でなかなか男性との会話が続かなかった女性の改善事例2選

最後に婚活をしていて、なかなか男性との会話が上手く行かず悩んでいた女性の、改善した例や成功事例を紹介します。

 

<1人目女性>

  • 年齢:30代後半
  • ご職業:福祉関係
  • 活動内容:結婚相談所と婚活パーティー

こちらの女性はお母様と結婚相談所にいらっしゃって、婚活をはじめることになりました。

15人の男性とお見合いをしたり、合コン形式の婚活パーティーに参加したりして、気になった男性に交際の申し込みをされましたが、はじめは皆さんから断られていました

この女性の課題は、話に対してリアクションがほとんど無く、会話が続かないこと。そして沈黙が続いてしまうことでした。

笑顔がとても素敵な女性なのですが、男性から質問をされても自分の答えを言うだけで、自分からほとんど話さず、メッセージも1週間後になってようやく返ってくるという具合です。

カウンセラーからはお相手の方が質問をしてきたら質問を返したり、お相手が答えやすい内容にして返すようにアドバイスしました。

現在も婚活中でご成婚にいたってはいませんが、お相手に質問をして以前よりも会話のキャッチボールができるようになりました。

 

<2人目女性>

  • 年齢:30代前半
  • ご職業:飲食関係
  • 活動内容:結婚相談所

こちらの方はお父様とお母様と一緒に結婚相談所にいらっしゃいました。

1度ご成婚退会されたのですが、ご離婚されてもう一度活動を開始されました。

この女性の課題は、男性からメッセージが返ってこないことを不安に思って悩まれたり、相手に気になったことをすぐにメッセージで聞いてしまうことです。

たとえばお見合いの後、男性からOKがもらえなかったときに、髪の毛が茶色だったことがお相手から好かれなかった原因と捉えてしまったり、すぐメッセージが返ってこないときに連続でメッセージを送ったりしていました。

男性の意見として少ししんどいと思われていたようです。

このようなことがあったため、カウンセラーからあまり男性の反応を気にしすぎないように伝え、男性心理を学ぶセミナーに参加してもらいました。

彼女はとても一生懸命で、たくさんセミナーにでて学ばれていました。

その結果、過剰に心配することが無くなり、お相手男性からのメッセージが返ってくるまでの時間が多少かかっても、連続してメッセージを送ることをしなくなりました

加えてこの女性は料理が得意なため、最終的にそれが決めてとなりお見合いをした男性と結婚することになったのです。

素直にアドバイスを受け入れて、積極的に勉強したり行動したりすることでご成婚につながったのだと思います。

 

まとめ

以上、婚活中の女性に向けた会話の方法を紹介しました。

紹介したテクニックが役に立つこともありますが、一番大切なことはひとりの人として魅力的になることや楽しく人生を送ることです。

結婚を人生を充実させる一つの手段として捉えると、素敵な方と巡り合うことができるかもしれません。

関西ブライダルパーティーでは、カウンセラーがお見合いサポートをする婚活パーティーを実施しています。

自分ひとりで婚活することが難しい、悩んでいるという方は関西ブライダルの婚活パーティーに参加してみてはいかがでしょうか。

PARTY SEARCH

CONTACT

06-6728-8434

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)

BACK TO TOP