婚活の自己紹介は「大きく」がポイント!婚活パーティーならではのコツ

2017/10/31

婚活パーティーの自己紹介…緊張しますよね。
しかし、ワンツーマンタイプや会食タイプの婚活等では、隣に座った方とお互いに自己紹介を必ずします。その際に自己紹介が上手くいくと嬉しいですよね!

今回は婚活パーティーでの自己紹介が上手に出来る方法をまとめてみました。皆さまのご参考になれば幸いです。

■自己紹介で大切なことは「大きく」話すこと!

◆男女ともに大きな声でハッキリと
婚活パーティーの自己紹介で気をつけるべきことは「大きく」話すことです。男性が入れ替わるタイプの個室パーティーでも、周りの声が意外によく聞こえる為、小声や早口だと聞こえません。

大きな声で、「ゆっくり」と話すこともポイントです。どうしても緊張するので早口になりがちですが、ゆっくり、のんびりを心がけると聞き取りやすくなります。

◆褒めるのも「大きく」!
婚活パーティーの自己紹介タイムでは、自分だけでなく相手の方も緊張しています。リラックス出来るように、大きく褒めてあげると好印象です。

「大げさとか、わざとらしいとか思われたくない…」という方もおられると思いますが、大人数の婚活パーティーでは誰が誰か分からなくなりますので、とにかく覚えてもらうことが肝心です。

人は誰しも褒めてくれる人が好きなので,思い切って褒めてみましょう。

相手のプロフィールカードや自己紹介を参考に、褒められるポイントは大きく褒めます。相手が趣味欄に「アウトドア」と書いておられたら、「アウトドアって体に良さそうですよね!」「積極的に家から出て…凄いと思います!」という風に褒めてから、「主にどこに行かれるのですか?山ですか海ですか?」と質問に繋げると、相手も話しやすいでしょう。

◆リアクションも「大きく」!
集団で集まり、一人一人が自己紹介する場合もありますが、男女ペアで交互に自己紹介することが多いです。どちらにせよ、周りの方や相手の方の自己紹介に大きくリアクションしてあげましょう。

自分の行動に対し、相手のリアクションがあると安心しますよね?
全体の場合は自己紹介した方に対して大きく拍手をしてあげて、男女ペアの場合は大きくうなずいてあげると好印象です。

自分が自己紹介する時も、ちょっとオーバーアクションで話すと印象的ですし、頭を下げる際も、しっかりと下げると良いでしょう。

◆やっぱり笑顔も「大きく」!
笑顔も「大きく」が大事です。
相手が沢山笑ってくれると嬉しいですよね。男女ともに、やっぱり笑顔が素敵な方は好印象です。

■婚活で自己紹介をする目的は共通点を探すこと!

婚活パーティーでの自己紹介は、相手に自分のことを知ってもらうためのものですよね。少し大げさな表現をすれば「自分はこんな魅力のある人間だよー!」とアピールする場でもあると思います。

しかし、そんなに気負う必要はありません。自然体で婚活パーティーそのものを楽しみ、そしてアピールを楽しめば良いと思います。

◆簡単なアピール方法
女性には大きく共感してあげる、男性には大きく尊敬してあげると、自然と自分の印象をアップさせることが出来ます。
女性は共感を求めるので「ケーキ好きなんだ!美味しいよね!」…という風に、共感することが大事です。

一方、男性は尊敬されることに喜びを感じるので「IT関連のお仕事されているのですか?凄いですね!私、機械に弱いので尊敬します!」という風に、尊敬できるポイントを探して、尊敬の念を伝えると、それが「共感」になるのです。

そのためにも、共感や尊敬ができるポイントを見つけることが肝心ですね。

■自己紹介で共通点を探すための3つの質問

共通点を探すには会話をする必要があります。だからこそ自己紹介は短く済ませて、そこから相手を知るための会話をした方が、フリータイムで会話が自然に発生することもあり、好ましいです。

ただ婚活パーティーで出会う人は、趣味も違えば仕事も違います。どんなところに共通点があるのかわかりません。しかし!相手のことを知る“きっかけ”ができ、共通点が見つかりやすい質問があります。

◆「褒めるポイント」について詳しく質問する
先ほども述べましたが、褒めてもらうと悪い気がしませんよね?たとえば相手の方が特技に「料理」と書いていたら、「料理できるんですね!凄いっ!」と褒めて次のように会話を広げます。

●「何の料理なさるのですか?自分は鍋くらいなら作るんですが…」
●「食べに行きたい物とかありますか?」
●「呑むのもお好きですか?」

この流れであれば、『料理』をキーワードにして会話を広げます。食べ物は興味がある方が多いので、会話が続く可能性が高いですよ。

◆自分の興味があることを質問する
自分が興味のあるジャンルなら、色々な質問が浮かぶと思います。相手のプロフィールカードや自己紹介の中で、「あ、それはちょっと気になる!」というのを見つけて、そこを質問しましょう。

相手が「好きなもの」の欄に『猫』と書いており、自分も猫が好きなら、「自分も猫が大好きです!」と共感を伝えた後、

「猫カフェ行ったりしますか?」
「猫マンガ読んだりしますか?私、○○というネコ漫画が好きなんですよ」

と、このように、会話を広げます。猫に限らず、動物やカフェ、テレビといった一般的な話が無難ですね。

◆自分からちょっと多めに話しながら質問する
人は「会話の量を相手に合わせる」性質があります。

例えば、「洋食は好きですか?」だけだと、「はい、好きです」という答えしか返ってこない可能性があります。

これだけでは会話タイムが埋まりませんよね。だから質問をする時は、ちょっと自分の話を入れたり、具体的に聞いたりすると相手も答えやすいです。

「自分は洋食が好きで、特にハンバーグとオムライスが好きです。オムライスは○○亭が好きです。何かお好きな食べ物がありますか?」「私もハンバーグが好きですね。○○亭のオムライスは美味しいのですね。今度食べてみたいです」というように続くでしょう。

ここで気をつけるべきことは、余りにも「自分語り」が多い人は敬遠されるということ。「ちょっと多めに話す」くらいにしておくと程良いですよ。

■自己紹介タイムの最低限のマナー

◆顔を近づけすぎない
必要以上に近づくと、ちょっと引かれる可能性が高いです。騒がしくて声が聞こえづらいので、つい近づいてしまいますが、特に男性が女性に顔を近づけすぎると、怖がられるので気をつけましょう。

◆身体的なことには触れない
また、余りにもプライベートなことを聞くのもマナー違反です。身体的なことをいじるのも失礼なのでやめましょう。

◆同性にも優しく
男女混合のフリータイムでは、好きなように話しかけることが出来ます。その際に、男性1人に女性2人が集中…ということもありますが、同性にも丁寧に、優しく接しましょう。「同性には冷たくて怖い態度をとるんだなぁ…」というのは大きなマイナスです。

■「大きく」印象を残して!

自己紹介において大切なことをまとめますと…

・大きな声で、はっきりと
・大げさな程、褒める
・大きくリアクションする
・笑顔
・相手に共感する
・顔を近づけすぎない
・身体的なことに触れない
・同性にも優しく接する

自己紹介も含め、トークで相手の方の心に残れば大成功です。上記のことに気をつけながら、相手の方と共通点探しを楽しんで下さいね。

皆さまが理想のパートナーを見つけられることを祈っております!

CONTACT

06-6728-8434

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)

BACK TO TOP