これで会話が盛り上がる!婚活パーティーのプロフィールカードの書き方

2017/10/31

婚活パーティーで必ず書かないといけないのがプロフィールカードです。1対1タイプのパーティーなどは、お互いのプロフィールカードを見て、そこから会話が始まります。

婚活パーティーの種類によって違いますが、男性が入れ替わりながらワンツーマンで話す個室タイプのものは、1人3分程度しか話せないことも。ここでプロフィールカードが効果を発揮するのです。

「でもプロフィールカードって意外に難しい…」という方の為に、会話が発生しやすいプロフィールカードの書き方をご紹介します!

■婚活パーティーのプロフィールカードの記入項目

•氏名・年齢・住所
•職業
•自分の性格
•好みのタイプ
•休日の過ごし方
•結婚の時期
•飲酒・タバコの有無
•料理
•行きたいデートスポット
などなど。

婚活パーティーによって少し異なりますが、プロフィールカードに入れる代表的な項目を挙げさせていただきました。
それでは、ここから各プロフィール項目の書き方についてご説明したいと思います。

1、氏名・年齢・住所・職業の書き方
まず名前や年齢等を書きます。中には干支や星座を書くタイプのプロフィールカードも。干支に合わせた絵(寅年なら虎の絵等)を描くのもオススメです。

「自分は…絵が下手だし…」という方こそ是非、絵を描いて下さい!ちょっと下手な方が、味があって目に止まりますよ。

大人数タイプの婚活パーティーは相手に覚えてもらうのが肝心。文字だけよりも絵が入っていると印象的なプロフィールカードになります。

職業欄はちょっと具体的に。「メーカー勤務」ではイメージが湧きませんので、「○○系の会社の営業」と言う風に、少し詳しく書いてみて下さいね。

2、自分の性格の書き方
「のんびりしている」「動くのが好き」…等々、前向きな言葉で表すのがオススメです。

3、好みのタイプの書き方
好みのタイプの欄は外見より中身(性格)のことを書くべきです。「優しい人」「面白い人」と言うように、中身について書くと柔らかい印象になりますよ。

【NG】避けたほうが良い書き方(特に男性)
男性がやりがちなのが「好みのタイプ」の欄に「有村架純」とだけ書くこと。最近多いですが、「有村架純」だけですと「あ、私は当てはまらない…」と思う方がほとんど。

「あ、この人…私は無理なんだ」…と思った途端、相手への興味が薄れますので、ここは広く当てはまる内容にしておきましょう。

【OK!】おすすめの書き方
好きな芸能人の名前だけ書くのではなくて、「有村架純のような笑顔の可愛い人」と書くと、ちょっとニュアンスが優しくなります。「笑顔の可愛い人」としておくと更に印象がアップしますよ。

「一緒に晩酌できる人」「仕事を大事にする人」「家庭を大事にする人」という風に、自分の希望するライフスタイルに合わせて書いておくのもオススメ。「あ、自分もそうだよ!一緒だ」と思ってもらえれば、一歩前進することになるからです。

4、休日の過ごし方の書き方
休日の過ごし方を記入するプロフィールカードも多いです。目に止まる項目ですので、大切にしたいですね。内容は「一緒に楽しめそう」がキーワードです!

【NG】避けたほうが良い書き方
「寝て過ごす」「毎週実家に帰る」…これからパートナーになる方が、「楽しそう」と思えない内容はNGです。正直なのは素晴らしいですが、そこがアピールポイントでないならば、違うことにした方が良いと思います。

【OK!】おすすめの書き方
「面白系のカフェ巡り」「ラーメン食べ比べ」等々…、プロフィールカードを見た方が「これ、一緒に楽しみたい!」と思えることにしておくと、話が弾むでしょう。

5、結婚の時期・飲酒・タバコの有無・料理の書き方
結婚は「一年以内に」「じっくり付き合ってから」等々、お付き合いの希望期間を書く欄もあります。「お酒を飲むか?」「タバコを吸うか?」「料理をするか?」など、細かな項目を設定したプロフィールカードもありますので、ここは正直に書いておくと良いでしょう。

6、行きたいデートスポットの書き方
「市内の小さなカフェ」等、余りお金がかからない場所の方が良いとされます。特に男性がお金を出すことが多いので、女性が「ディズニーリゾート」等…。お金のかかりそうな場所ばかり書いていると、ちょっと尻込みされる場合もあるようです。

■プロフィールカードを書くときに大切にしたい3つの事

1、自己紹介は「どんな人か」をイメージしやすいように書くのが大切!
プロフィールカードは小さめで、余り書くところがありません。しかし、ちょっと具体的に書けば、「どんな人か」がイメージしやすくなります。「イメージしやすい人=話しやすい人」なのです!

逆に言うと、プロフィールカードに簡単なことしか書いていないと、話が続きません。必要以上に詳しく書くことはないのですが、海が好きなら「海」とだけ書くのではなく、「○○海岸が好き!」「海が見えるカフェに行きたい」…というように、「ちょっと具体的」に書くのがコツです。

2、プロフィールカード「楽しそう」を思わせるように
プロフィールカードのキーワードは「楽しそう」です。

婚活パーティーは「一般常識がある」というのが大前提ですので、常識から大きく離れた内容は書かないようにすべきですが、これからパートナーになるかもしれない方が、「楽しそう」と思える内容であることがポイントです。

何を書けば良いか…と悩んだ時は、「これ、相手が見たら楽しそうかな?」を基準にすると良いでしょう。

3、文字の綺麗さもアピールポイント!
つい焦ってしまって、急いでプロフィールカードを書いてしまう人が多いと思いますが、プロフィールカードの記入時間は思っているよりも長いです。ゆっくり丁寧に書きましょう。

女性は綺麗さを意識すると好感度アップ
「綺麗な人は字も綺麗」というイメージを持つ人が多いようです。女性は特に気をつけて綺麗に、あるいは可愛く書くと良いですね。

訂正線が沢山あるのも見苦しいですから、消せるボールペンを持って行くと書き直しやすいです。

男性は小さな字にならないように気をつけよう
殴り書きのような文字も良くないですが、やたらと小さい文字も「え?」と引かれてしまうので、なるべく大きく書くことをオススメします。女性は文字が小さくても、何とか「可愛い」と受け取ってもらえますが、男性はのびのびと大きめの文字の方が好印象です。

豆粒のような文字や、広々とした枠の中にチョロっとしか文が書いてない…というプロフィールカードを見ると、「変わってるのかな?」というイメージが先に来てしまいますので、枠の大きさにふさわしいサイズや量を意識して書くと良いと思います。

綺麗な字に見えるコツ
枠に合ったサイズの文字を書くと綺麗に見えます。そして、ゆっくり書くことです。最近は文字を書くことが余り無いので、前日に練習しておくのもオススメ。とにかく慌てて書くと汚くなりますので、慌てないですむ工夫も大事ですね。

インターネットで「婚活パーティー プロフィール 書き方」と入れて検索すると、プロフィールカードの例が出てきます。それを見ながら、自分の趣味や好きな物などを書いておいて、婚活パーティー会場に持って行けば慌てずに済むでしょう。

まとめ

婚活パーティーでは、「万人受けより特定の人受けを狙う」ことをオススメしたいです。何十人も参加するパーティーでは、人が多すぎて「誰が誰か分からなくなる」…というのがネック。ですから、数人でも覚えてくれたら成功なのです。

全ての人に受けが良いようにプロフィールカードを書くと、無難な内容になるので個性が薄れます。むしろ価値観が合う人の目に止まるように、食べ歩きが好きなら「一緒に食べ歩きが出来る方」…と言う風に、ちょっと具体的に書いた方が、同じ趣味の方と話が弾むでしょう。

プロフィールカードには、こういった自分のこと・好きな物などを、絵も加えながら「楽しそうに」書いてみて下さい。また、自信がないと、つい文字を小さく書きがちですが、のびのびと大きめに…を心がけて下さいね。

皆さまが素敵なパートナーに出会えることを祈っております。

CONTACT

06-6728-8434

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)

BACK TO TOP