婚活経験から感じたお見合いパーティー会社の選び方

2017/10/24

婚活サイト・結婚相談所・お見合いパーティー・出会い系アプリなど、婚活の手段はさまざまなものがあります。

しかし、これだけ多くの婚活サービスがあるにもかかわらず、婚活をして成婚に至ったことをカミングアウトする人は思ったよりも少ない気がします。これには、「婚活はモテない人がするものだから、出会いのきっかけとして話すのは恥ずかしい」という思い込みがあるからなのかもしれません。

そのせいでしょうか。他人に夫との馴れ初めを聞かれた時に「婚活をして知り合った」と返すと、
「お見合いパーティーの会社ってどこがいいの?」
と、お見合いパーティーに興味を持っている人から聞かれます。

今回は、お見合いパーティーの会社の選び方など、婚活期間に感じたことをお伝えしたいと思います。

お見合いパーティー選びに会社は重要ではない?

お見合いパーティーを開催している会社はたくさんありますが、正直なところ「この会社のパーティーが絶対におすすめ!」というところはありません。

パーティーで出会いたいお相手のタイプは人によってさまざまですし、いつどんな人が参加しているかは、はっきりとは分からないものです。人によって合う雰囲気、合わない雰囲気もあると思いますので、一概には言えません。

ですので、お見合いパーティーの会社に注目するよりは、参加条件をしっかりチェックして参加することの方が大切だと思います。

しかし、実際に参加してみて、
「このお見合いパーティーはちょっと…」
と、思ったことがあるので、体験談を少しお話します。

こんなお見合いパーティーってアリ?!体験談をご紹介

募集年齢が無視されていたお見合いパーティー

私が参加したのは20~30代を中心としたお見合いパーティー。当時は20代後半だったので、お見合いパーティーの年齢層としては若いほうに入ります。

お見合いパーティーでは、年齢が若ければ若いほど有利になります。ですから、「このパーティーではカップリングできるかも!」と、思って参加したのですが…。

お見合いパーティーが開場して参加男性を見てみると、20代らしき人はほとんどいませんでした。募集の年齢層は20~30代なのに、その年齢と思われる人はごくわずか。代わりに目に入ってくるのは、40代くらいかと思う人ばかりでした。実際にパーティーが始まって参加者のプロフィールをチェックしてみると、やはり40代の方がほとんどで、とても衝撃的な出来事でした。

プロフィールシートが見にくく、内容も薄く回答しづらい

お見合いパーティーでは、通常お互いのことを知るべく、プロフィールシートを書きます。これまで参加してきたお見合いパーティーでも、プロフィールシートはしっかりとした紙が使用されており、名前・趣味・血液型などの設問がわかりやすく記入できるようになっていました。

ところが、あるお見合いパーティーでは、ペラっとしたコピー用紙にただプロフィール欄を埋めるべく設問が記載されているだけで、見た目にもわかりづらく、とても参加者の回答しやすさ・見やすさを考えているとは思えませんでした。

プロフィールシートの内容が薄いと話のきっかけがつかみにくく、フリートークタイムも非常にやりづらかったことを覚えています。

お見合いパーティー参加前にリサーチしよう!

お見合いパーティー会社の中には、参加者のことを考えていないところもあります。

「このパーティーはひどいな」と感じたけれど、「今回のパーティーが、たまたまダメだったのかもしれない」と思い、同じ主催者のお見合いパーティーに参加したことがありますが、やはり年齢制限が無視されていたり、進行がずさんで改善されていなかったりしました。

有名な会社のお見合いパーティーなら、そのような極端なことはなく安心して参加できますし、体験談や口コミで雰囲気をつかむことだってできます。しかし、安いからと名前を聞いたことのない団体が主催しているパーティーに参加したい場合なども、しっかりと事前にリサーチすることが大切です。

まとめ

お見合いパーティーを選ぶ際に、「どこのお見合いパーティー会社がいい」とは言い切れません。あなたのたった一人のお相手を見つけるためには、しっかりと事前リサーチをした上で信用できるパーティーにいろいろと参加してみるといいでしょう。

そうすることで、自分に合ったお見合いパーティーがあれば、その会社が主催しているパーティーに複数回、参加してみるのもいいかもしれません。

CONTACT

06-6728-8434

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)

BACK TO TOP