初めての婚活パーティー!参加前に知っておきたい当日の流れ

2016/10/07

「婚活」といえば、まず思いつくのが「婚活パーティー」です。参加してみたいけど、実際はどんなことをするのか、素敵な人に出会えるのかなど、期待以上に不安もあるでしょう。今回はそんな婚活初心者さんのために、婚活パーティーのおおよその流れをご紹介します。

婚活パーティーってなに?

婚活パーティーとは、結婚相手を探している男女がひとつの会場に集い、自分に合う人を探すためのパーティーです。参加人数は、パーティーの規模により極少人数から約100人と大人数のパーティーまで様々です。また、年齢や年収に制限があるパーティーやスポーツやバスツアーなどの趣向を凝らしたパーティーも企画されています。今回は、スタンダードな婚活パーティーについてご紹介します。

婚活パーティー当日の流れ

1.受付を済ませる
会場に設けられた入り口で、受付をします。
この時、本人確認のために免許証などを見せる場合があります。事前に確認しておきましょう。受付では、番号札とプロフィール用紙を渡されます。プロフィールはお相手と会話する時に交換するものなので、丁寧に書きましょう。プロフィールに書いた内容をもとに会話することになるので、趣味や特技などはできるだけ多く書き、自己PR欄も漏れ無く記入しましょう。きちんとしたプロフィールを書くために、早めに会場に入るよう心がけましょう。

2.参加している全ての異性と会話する
主催者からの説明が終了後、当日参加している異性全員と会話していきます。会話できる時間はパーティーによりますが、多くは3分から5分程度と短時間です。1人あたりの持ち時間が終了すると、司会者の合図で男性が席を移動していきます。
お相手が席についたら、まずは自己紹介してプロフィールを交換します。会話はプロフィールに目を通しながら、お互い気になる部分を質問していきます。実際にカップルになった後では、年収や家族構成などは聞きづらくなるので、最初に目を通しておくと良いでしょう。後でカップリング希望を出す際にわかるよう、気になる人がいればお相手の番号はしっかり控えておきましょう。

3.フリータイムに突入
一通り全員との会話が終わると、続いてフリータイムになります。フリータイムとは、最初に会話した中から特に気になる異性に自分から話しかける時間です。一度目より踏み込んだ会話ができるでしょう。大抵は男性から女性に声をかけるようになりますが、時間制限があるので、女性も気になる男性がいたら積極的に話しかけましょう。
男女の人数にバラつきがあると、空き時間ができて気まずくなることもあります。その時は、司会者や会場スタッフがフォローして、空いている人同士会話するよう促してくれるので、特に心配はいりません。最初に会話した人のメモを見直したり、カップル希望を出す順序を考えて過ごしましょう。

4.成立カップルの発表
フリータイムが終了した後、その日の参加者の中でカップルになりたい人を希望順に書いて主催者へ提出します。主催者は男女それぞれの希望を集計したうえで、その日成立したカップルを発表します。発表の仕方は、その場で番号を発表したり、会場を出る際に封筒に入れて知らせる場合など、主催者によって異なります。

関西ブライダルの婚活パーティーの場合は、基本的に後日カップル成立をお知らせしています。当日に皆の前で発表するのではなく後日お伝えするのは、1人1人のお気持ちを大切にしたいため。担当スタッフより個々に、「昨日はありがとうございました。○番の○○様と成立していましたよ。」とご連絡しています。

5.カップリングが成立したらその後はどうする?
婚活パーティーでカップルが成立したら、会場の外で待ち合わせて連絡先を交換したり、時間があればそのまま軽くお茶や食事に行く場合もあるでしょう。また、後日改めてデートする形もあるかと思います。
しかし、中には「せっかくカップル成立したのに、パーティー後は一度も会えなかった…。」ということも多いようです。関西ブライダルでは、そういったことがないように、一度お会いできる機会をセッティングしています。

まとめ

婚活パーティーに初めて参加する人、主催者が違うパーティーに参加する人は、当日までにホームページでパーティーの大まかな流れを確認しておきましょう。会話に欠かせないプロフィールを余裕持って書くために、パーティー会場には早めに入ることも大切です。婚活パーティーは、あくまで出会いのきっかけのひとつです。興味を持ったら、まずは気負わずに参加してみましょう!

CONTACT

06-6728-8434

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)

BACK TO TOP