気軽に参加できるのが魅力!大人数の婚活パーティーの特徴

2017/02/06

人生いろいろ、婚活パーティーもいろいろ

「婚活しよう!」と思いたった時にまず思いつくことのひとつが、タウン誌やネットで有名な大人数の婚活パーティーではないでしょうか。婚活パーティーには、小規模なものから大規模なもの、個室で行われるものから有名ホテルで行われるものなど、さまざまなタイプがあります。
その中でも、大人数が参加する婚活パーティーは、会場の立地がよく参加費も手頃なので、婚活初心者にも向いているパーティーに思われます。しかし、そこには気軽に参加できるがゆえのメリットとデメリットが混在しているのです。婚活の第一歩で挫折しないために、事前に大人数の婚活パーティーについて知っておきましょう。

初心者必見!メガ婚活パーティーの流れ

大きな会場で、立席で行われる婚活パーティーはなんといっても参加者の多さが魅力です。多い時は男女100対100という婚活パーティーも開催されています。参加者が多いため、基本はいわゆるフリータイム形式で行われます。

フリータイム制とは、気になる異性に自分から声をかけてプロフィールカードを交換し会話する形式です。司会者がタイムリミットを告げたら、また別の気になる人に声をかけるというのを繰り返し行います。前半は、できるだけたくさんの人と会話できるように、毎回別の人と話すルールを設けられることが多くあります。後半は、前半に会話できなかった人や前半に会話してもっと話してみたい!と思った人と会話する時間にあてられます。

パーティーの主催会社によっては、前半と後半の間に中間印象の投票を行う場合もあります。お相手へ好意をアピールしたり、好印象同士ならば後半も重ねて会話することでカップル成立の確率がアップする効果があります。後半が終了すると、カップルになりたい人に投票し、お互い投票していたらカップル成立となるのが大人数の婚活パーティーの基本フォーマットです。

気軽に参加できる反面、婚活への真剣度は低め

大人数を集める婚活パーティーは、参加する人の年齢や職業、そして婚活への真剣度にも幅があります。参加者は男女ともに比較的若い20代から30代前半が多い傾向があります。また、参加費が高く、参加資格が設定されているパーティーに比べて、婚活への真剣度が高いとはいえません。身分確認や独身証明がないため、プロフィールに信憑性が欠ける場合もあります。「ここで絶対に結婚相手を見つける!」というよりは、軽い出会いの場として参加することを心得ておきましょう。

大人数婚活パーティーにこそ必要なのは「若さ」と「ともだち」

大人数の婚活パーティーに向いている人、それは「若い人」です。それを言ったら元も子もないですが、参加した実体験からの結論は「若さ」です。そもそも参加している年齢層が若いので仕方ないことです。20代の頃に参加した時にはできたトーク待ちの行列も、30代ではすっかり風通しがよい行列に…。こうも違うものかと驚いたものです。

そして、1人参加よりは友達を誘って行ったほうが良いのも大人数の婚活パーティーの特徴です。男性も友達連れで来ていることが多いため、フリータイム中もなんとなくグループで会話した方が盛り上がりやすくなります。お互いにカップル希望の順位が低い同士だと、その後にデートしても盛り上がれずにそれっきりとなってしまいます。それよりは、後日同じメンバーで飲み会をするなどした方が、短い会話では気が付かなかった魅力を発見して、その後お付き合いに至る確率も高いようです。

大人数の婚活パーティーへの心構え!

一度にたくさんの人に出会えるイメージのある大人数参加の婚活パーティーですが、実際には会話できる人はほんの一握りです。女性の場合は、男性から声をかけられることが多いので、意中の男性があなたに気がついてくれなければ会話することなくパーティーが終了してしまうこともあります。

友達連れであれば、暇をもてあます心配もありませんし、同じく友達同士で参加している男性から声がかかりやすくなることもあります。

他の婚活パーティーに比べ、結婚への真剣度は低い傾向にありますが「恋人が欲しい人」が参加していることは間違いありません。まずは、気軽な出会いを求める手段として有効に活用してください。

CONTACT

06-6728-8434

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)

BACK TO TOP