お見合いパーティーで印象の良くなる秘訣

2017/03/14

現在お見合いパーティーに挑戦中の人の中には、「なかなか難しい・・・」と感じている人もいるかと思います。そんな方に、お見合いパーティーで印象の良くなる秘訣を説明します。是非、素敵な異性との出会いに繋げるため、参考にしてください。

秘訣1:表情は朗らかにする

お見合いパーティーに参加する時は、朗らかな表情をしているのが非常に重要です。例えば、声をかけられて振り向いた時に、相手が睨んでいるように見えたら怖い人だと思っても不思議ではありません。しかし、笑っていたら優しそうな人だと思われる可能性もあります。ただ、あまり異性と接することに慣れておらず緊張してしまい、自然な笑顔を作るのが難しい場合もあるかも知れません。そんな場合は、“婚活”を意識せずに、もっと気楽な気持ちで接することができる異性の知り合いや友達を何人か作ってみるのもおすすめです。積極的に異性と関わるようにすることで、お見合いパーティーでも自然なやさしい笑顔を作れるようになります。

秘訣2:相手の話は好意的に聞く

お見合いパーティーでは、相手の話を好意的に聞くことを意識するのをおすすめします。例えば、相手が好きな歌手の話をしはじめたとします。もし、その歌手が自分にとってあまり好感の持てない人物であったとしても、その話を肯定的に聞いてあげることが大切です。もちろん、お見合いパーティーで出会った相手にひどい暴言を言われたのに、無理に好意的に話を聞く必要はありません。ただ、常識の範囲内の会話なら好意的に話を聞く方が良いということです。

秘訣3:好みではない異性の対応にも注意する

お見合いパーティーに参加していると、色々な異性と出会うことになるでしょう。そんな異性の中には、自分の恋愛対象にはならない人もいる可能性があります。例えば、外見が好みではない・希望より年収が低い・性格が苦手なタイプなどが挙げられます。こうした異性と話すことになると、冷たく対応してしまう場合もあるでしょう。ただ、そうした対応はお見合いパーティーに参加している他の異性から良く思われない場合があるので注意が必要です。

秘訣4:会話する時には気遣いをする

お見合いでは相手のデリケートな部分に興味を持つ場合も考えられます。例えば、お見合いパーティーで出会った人の婚活の経歴・年収・過去の恋人の人数・借金の有無などを知りたくなる場合もあるかも知れません。そういったことは、事前に記入されたプロフィールカードで確認できる場合もあります。しかし、プロフィールカードで分からない内容について「今まで何人恋人がいましたか?」などと初対面で聞くのはデリカシーがないです。本人に聞く前に、不愉快にさせないかどうか考えることをおすすめします。

秘訣5:自分の見た目の印象を意識する

お見合いパーティーに参加する時は、男性・女性共にスタイルが良くても肌を晒すタイプの服装はおすすめできません。例えば、お見合いパーティーで出会った男性が上半身タンクトップだけの場合や下着が見えそうなミニスカートを履いている女性だった場合、あなたはその相手に好感を持つでしょうか。この他にも、だらしのない服装などは避けた方が良いので注意が必要です。服装に自信のない人は、家族や友達に見てもらったり、結婚相談所なら担当のスタッフなどに相談すると良いでしょう。

秘訣6:失礼な言葉遣いは避ける

お見合いパーティーでは、少なくとも相手に失礼な言葉遣いをするのは避けることが肝心です。多少の失礼な言葉遣いをしても受け止めてくれる心の広い人もいますが、気分を害してしまう人もいます。また、その場では笑顔で対応してくれていても、心の中では「この人はないな」と思われてしまっている可能性もあります。言葉遣いが原因で、本命の異性と縁が遠のいてしまうのは避けたい事態でしょう。よって、お見合いパーティーに参加する前に正しい言葉遣いを確認することをおすすめします。例えば、日頃の癖で「マジ嫌いなんです。」などと言ってしまわないように注意しましょう。

まとめ

お見合いパーティーで、印象が良くなるように努力するのは大事なことです。その上で、お見合いパーティーに参加する目的をしっかり考えておくこともポイントです。例えば、どんな人と結婚したいかというポイントが漠然としていると、たくさんの人とお話する機会があっても上手く相手を見つけられないかも知れません。お見合いパーティーに参加する目的をしっかりと持ち、このような印象が良くなる秘訣を意識してみてください。

CONTACT

06-6728-8434

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)

BACK TO TOP