婚活パーティーで会話が盛り上がらない…無口な男性への対処法

2016/10/21

無口=ツマラナイ男性ではない

婚活パーティーで困ってしまうのは、無口過ぎる男性に遭遇した時です。特に、質問してくれるわけでもなく、こちらからの問いかけにも反応が悪いと気まずくていたたまれなくなってしまいます。面白くて話し上手な男性がモテるのは当然ですが、無口で口下手だからといって必ずしもツマラナイ男性ではありません。世間を見れば、口数は少ないけれど優しくて頼りがいのある男性は多くいます。婚活で巡りあう無口な男性の中にも、素敵な男性はいるはずです!あなたから会話のきっかけを差し伸べてあげましょう。

無口なのはなぜ?タイプを見極めよう

婚活パーティーで無口な男性に遭遇したら、まずはなぜ無口なのかを探ってみましょう。無口な男性にも様々なタイプがあります。あなたが頑張って話しかけるべき相手かどうか見極めましょう。

①好き嫌いはっきりタイプ
好みの女性には饒舌、そうでない女性は適当にあしらう好き嫌いがはっきりしている大人げないタイプの男性もごくまれにいます。婚活パーティーでは、明らかに好みでない人に会うのは想定内のはずなのに、相応しい態度が取れない男性はこちらからお断りです。

②真剣度が低いやる気なしタイプ
プロフィールに空欄が多い、年収や職業など大切な部分が未記入の場合は、そもそも婚活に対する真剣度が低いタイプです。参加費の安いパーティーには、婚活への真剣度が低い男性も紛れています。このタイプは頑張るのはムダと判断し、無理に会話を盛り上げる必要はありません。

③やる気はあるけど口下手タイプ
上記のタイプとは違いプロフィールが充実している男性は、婚活に対する真剣度が高いタイプです。口下手さを自覚しているからこそ、プロフィールでのアピールに余念がないタイプです。不器用ながらも質問してくれる人が多いので、会話のキャッチボールが上手くいくように対応してあげましょう。

一方的に話すのはNG!ゆとりのある会話を

口下手な男性でも、女性が笑顔で好意的な態度で接することで、リラックスして話しやすくなります。まずは、笑顔で対面することが大切です。女性から質問する場合は、その男性が自信のありそうなプロフィールの項目について聞いてみましょう。年収が高ければ仕事の内容、スポーツマン系ならば得意なスポーツなどです。自信のあることは誰しも話しやすいものです。自然と話が盛り上がるでしょう。

一方、おしゃべり上手で気の利く女性が失敗しやすいのが、会話を盛り上げようと頑張りすぎて一方的に話しすぎることです。女性としては気を使っての行動なのですが、話すのが苦手なタイプの男性にはプレッシャーになり、苦手意識を与えてしまいます。プロフィールに目を通しているフリをしつつ、余裕のある会話を心がけましょう。たくさん話すよりは、相手の言葉に共感を示せることの方が大切なのです。心地良い間であれば、相手は居心地の良さを感じ、あなたに対し良い印象を抱くでしょう。

まとめ

第一印象がその後を左右する婚活パーティーでは、自己紹介の時点で会話が弾むかが重要です。だからこそ話の面白い男性に人気が偏りがちです。しかし、それだけが結婚相手に望む条件ではないはずです。初対面の人と話すのが苦手な人、普段から口数が少ない人にも、ユーモアがあり魅力的な人も多くいます。

婚活パーティーで「会話が弾まないからツマラナイ…」、と第一印象で見限ってしまうのはもったいありません。男性の緊張をほどき、リラックスできる雰囲気を女性の側から作ってあげましょう。ただし、沈黙を恐れて質問攻めにするのは厳禁です。相手が無理のないペースで話せるよう間を保ち、相手の質問には丁寧に応え、こちらからも質問して会話のキャッチボールを続ける努力をすることが大切です。「無口で困った!」と焦らずに笑顔で対応しましょう。

CONTACT

06-6728-8434

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)

BACK TO TOP