婚活2回目デートを成功させる5つのポイント

2017/12/18

「婚活パーティー後にデート出来た!2回目も誘いたいけど…どこに行ったらいいかなぁ」と悩む方もおられるでしょう。確かに難しいですよね。

そんな皆様の為に、今回は2回目のデートの誘い方から、当日の会話内容まで、そして3回目への繋げ方などを詳しくご紹介します!

婚活2回目のデートとは?

2回目のデートについて多くの方、特に女性は「見極めのためのデート」と思っているようです。1回お会いしただけでは、流石にお相手の方がどういった方が分からないので、「2回までは会ってみよう」となるのです。すなわち、2回目がいまいちだと3回目のデートは無いです。もちろんお付き合いや結婚まで至りません。2回目のデートで「この人といると楽しいな、もっと話したいな」と思ってもらえることが肝心です。

2回目のデートが、いかに大切かが分かりますね。

2回目のデートでやりがちな失敗

まず、2回目のデートの際に「やりがちな失敗」を男女別にまとめました。

<男性がやりがちな失敗>
「2回目のデートをOKしたということは…もう恋人!」と思ってしまう方が多く、デート中もつい馴れ馴れしくしてしまいがち。それが残念ながら失敗の元なのです。

先ほども述べましたが、2回目のデートはまだまだ見極めのタイミング。特に女性はその傾向が強いです。「うわぁ…馴れ馴れしい…」と引かれないように、丁寧な態度で望みましょう。

<女性がやりがちな失敗>
「2回目のデートまでは様子見!」…と、慎重なのは素晴らしいのですが、「色々と厳しくチェックしすぎる」という失敗をやりがちです。結果的に相手の「あら探し」をすることとなり、嫌なところにばかり目が行きます。そして「やっぱりやめておこう…この人は…」といってお断りして、また次の方を探す…というのを繰り返します。気がつけば何年も婚活をしているタイプです。

正直に言って、男女ともに欠点の無い人はいません。「結婚相手選びに失敗したくない!」という気持ちは大切ですが、2回目のデートの時は厳しくチェックするのはやめてみると良いでしょう。

むしろチェックポイントは「楽しく過ごせるか?」くらいにしておくと、次に続きますよ。

2回目のデートの誘い方・断り方

<男性必見!2回目のデートの誘い方>
デートは男性から誘った方が上手くいきます。やはり女性の方からは誘いにくいからです。お互い婚活をしているので、ストレートに誘って構いません。1回目のデートのおかげでお相手のことが分かっていますから、1回目を誘った時よりも、2回目の方が誘いやすいはず。

例えば、1回目のデートの時に女性の方が「カフェが好き」と言っていたら、それを覚えておきます。そして「この前カフェが好きと言ってましたよね、よかったら今度、話題の○○カフェに行ってみませんか?2時間くらい話せたら嬉しいです」という感じでお誘いします。

このとき、そのカフェのホームページや食べログのURLを添えておくと分かりやすいです。さらに、女性は提案内容がハッキリ分かった方が安心するので、場所や所要時間を濁さず伝えましょう

もちろん、実際に会う約束を取り付けたときは、待ち合わせ場所や時間を正確に伝えることも忘れずに。

<女性必見!お断りする時のマナー>
お誘いされても、どうしても無理な場合もあります。また会いたいと思うお相手なら、「その日はあいにくお会いできませんが、○日ならあいています」と別の日を提案しましょう。

また、1回目のデートでその方とはご縁がないと感じた場合も、無視するのではなく、丁寧にお断りしましょう。「もう会わないし~と思っていたら、次の婚活パーティーで会ってビックリ!」ということもあります。

男女ともに、丁寧な対応が大事です。

デートを成功させる5つのポイント

1.デートの長さは2時間程度がベスト
2回目のデートは2時間程度がベスト。長くても3時間にしておきましょう。相手を疲れさせないことが大切です。そして長いと飽きます。

2.散策デートやカフェ巡りがオススメ
1回目のデート等で、女性の方が「公園とか美術館とか好き」と話していたなら、美術館に行ったり、公園を歩いたりする散策デートがオススメ。女性の方が「カフェ巡りが好き」というなら、二軒ほどカフェに行くのも良いですね。

オススメする理由としては、

●歩いているので面と向かって話さなくてすむ
●共通の話題が出来るので話しやすい

この2つです。

お食事では面と向かって座るので、お顔を合わせながら話します。「見つめられると緊張してしまって…」という方も、歩きながらならリラックスして話せるでしょう。

そして、散策なら「目に入るもの」が同じです。公園ならオブジェ、カフェ巡りなら食器などの雑貨…それを見ながら話せるので、会話がスムーズです。

しかし、「女性が歩きたくなさそう」あるいは「平日の夜しか会えない」というなら、お食事にしておいた方が良いです。お食事の場合は、2回目は1回目よりもくだけた雰囲気のレストランで構いません。でも、騒がしい居酒屋などは話が聞き取れないので駄目ですよ。

3.服装はキレイめファッションで!
平日の夜のお食事デートなら、男性はスーツ、女性はデートファッションで構いません。

美術館や公園といった散策デートなら歩きやすい靴が楽なのですが、靴に合わせたあまりにもカジュアルな服は避けたほうが良いでしょう。男性は仕事でも着られるようなキレイめカジュアル、女性はデートファッションで大丈夫ですが、高すぎるヒールは避け、足が痛くならないような靴にしておきましょう。

4.介護や同居の話はまだしない
1回目のデートは無難にいろんな話をした方が良いのですが、2回目のデートもあまり掘り下げた話はしない方が得策でしょう。

せっかちな男性は、2回目のデートで「親と同居出来るか?」「介護についてどう思うか?」といった質問をします。女性側は「あ…介護要員を探しているのね、この人…」と判断し、そこで終了です。

お気持ちは分かりますが、結婚は自分の親を幸せにする為ではなく、お相手の女性を幸せにする為のものでもあります。どうか忘れないで下さいね。

5.食事や軽食は男性側が払うと好印象
カフェなどはそんなに高額ではないので、なるべく男性側が払いましょう。2回目は見定めですから、せめて多めに支払った方が好印象です。

しかし、女性側は「おごってもらって当然」ではダメですよ。どんなに安い物でも財布ぐらいは出しましょう。そして必ずお礼を伝えて下さいね。

3回目のデートにつなげるコツ

<男性にオススメ!お礼のライン・メールの文面>
3回目のデートのお誘いは、2回目のデートの後に送るお礼のメールと共にお誘いするのがベスト。

「今日は楽しかったです。本当にありがとうございました。今日話していた○○レストランに今度行きませんか?都合の良い日で構いませんので」といった内容が良いでしょう。

2回目のデートの時に、さりげなくカフェやレストランといった「誘いやすい場所」について話しておくと、後で誘いやすいですよ。

<女性向けのお礼のライン・メールの文面>
女性側も、もちろんお礼を伝えます。

「今日はお誘いありがとうございました。とても嬉しかったです。今日話に出た○○カフェには、本当に行ってみたいですね!」

という風に書くと、男性側も誘いやすいです。

そして別れ際は、やっぱり笑顔が好印象です!

まとめ

<2回目のデートに誘う際のポイント>
・女性が好きな場所を提案する
・場所をハッキリさせる
・時間は短めにする

<2回目のデートの5つのポイント>
1.デートの長さは2時間程度
2.散策デートやカフェ巡りがオススメ
3.服装はキレイめファッションで
4.介護や同居の話はしない
5.食事や軽食は男性側が払うと好印象

男女ともに「欠点探しよりも、長所探し」が大切です。そして気がついた長所を誉めてあげると、好感度アップですよ!

素敵な2回目のデートになるよう、祈っております。

CONTACT

06-6728-8434

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)

BACK TO TOP