婚活パーティーとは?雰囲気や知っておきたいことあれこれをご紹介

2017/06/20

「婚活を始めたばかりで、まだ婚活パーティーに行ったことがない」「婚活パーティーに興味がある」といった方向けに、婚活パーティーのあれこれをご説明します。

婚活パーティーの雰囲気って?

婚活パーティーには、誰でも気軽に参加できる大人数のものから、ある程度参加者を制限した少人数のものまであります。

誰でも気軽に参加できるパーティーの場合、費用がリーズナブルで、20代~30代の比較的若い方が気軽に出会いを期待して参加していることが多いです。たくさんの人が参加していて、ガヤガヤとしたサークルの飲み会のような雰囲気のこともあるでしょう。多くの出会いが期待できますが、積極的に行動できなければ、誰の印象にも残らなかったという悲しい結果に終わってしまうかもしれません。

年齢や趣味などで参加者を限定しているパーティーの場合は、少人数でひとりひとりとの会話の時間を大切にしていることが多いです。そのため、大人数のパーティーが苦手な人でも、落ち着いて会話を楽しむことができます。参加者は、そのパーティーの内容によってさまざまで、同年代や同じ趣味の人などが集まるので比較的気の合う人と出会いやすいです。が、少人数のため、ひとりもピンと来る人がいなかったという場合もあるかもしれません。

婚活パーティーでは服装も個性より常識をアピール

婚活パーティーでは、「自分のことをよく分かってもらいたい!」「自分を理解してくれる人を探したい」と思っている人もいるかもしれません。しかし、婚活パーティーでは、自分の個性よりも常識があることをアピールしたほうがいいでしょう。

また、おしゃれのつもりでブランド物を多く身につけることはオススメできません。「お金がかかりそうな人・・・」「結婚したら大変そう」と誤解されてしまうこともありますので、男女共にブランド物やおしゃれすぎる格好は控えておいたほうがいいと思います。具体的には男性はシンプルなスーツやジャケット姿、女性はやわらかい素材のトップスにスカートやワンピースが定番かつ人気のスタイルとなります。

婚活パーティーで大変なこと・辛いこと

婚活パーティーでは、最初の自己紹介の後にフリータイムを導入していることが多いです。そのフリータイムでは、男女それぞれ人気の差がはっきりと出ることがあります。もし、「誰にも話しかけてもらえない!」という状況になったら、ショックを受けてしまうかもしれませんが、そこで諦めてはいけません。婚活パーティーでは、受け身ではなく自分から積極的に行動していくことが大切です。参加している異性にとって、あなたが一番気になる相手ではなかったとしても、二番目、三番目くらいに気になっていたり、会話を重ねることで魅力を感じてくれる人がいるかもしれません。

婚活パーティーは、最後に第一希望~第三希望までのお相手を選んで、カップリング成立を目指します。やはり、そこでカップリングが成立しなかった時は、落ち込んだり辛い思いをすることもあるでしょう。そういった時は、たまたまお互いに気の合う人がいなかったのだと考えると楽になるかもしれません。気持ちを切り替えて、次の出会いを求めていくことが大切です。

まとめ

婚活パーティーでは、自分から積極的に行動したり、自分をアピールすることが大切です。初対面の人と気負わずに話をできる人は、楽しく会話を楽しみながら、たくさんの人と出会えるのでオススメですが、異性と話をするのが苦手な人にとっては、いい出会いがなく、疲れただけということになってしまう可能性もあります。

とはいっても、婚活パーティーの種類も多くあるので、あれこれイメージを膨らませているよりも、自分に合いそうなものを選んで、一度参加してみるといいかと思います。婚活で成功をつかむためには、まず行動することからはじめてみましょう。

CONTACT

06-6728-8434

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)

BACK TO TOP