「婚活パーティー」に参加して結婚できる人の特徴3つ

2017/08/02

「婚活パーティーに積極的に参加しているのに、結婚相手が見つからない・・・」
「婚活パーティーで出会った人と付き合っても、長続きしない・・・」

出会いの場には足を運んでいるのにも関わらず、婚活がうまくいかないとお悩みの方はいらっしゃいませんか?
もしかすると、婚活がうまくいかない理由はあなた自身にあるのかもしれません。
そこで、今回は“婚活パーティーに参加して結婚できる人の特徴”を3つご紹介します。
是非、チェックしてみてください。

そもそも、婚活パーティーに参加して結婚できるの?

婚活パーティーで良縁に恵まれない人にとって、とても興味深い疑問だと思います。
婚活パーティーの規模や参加人数によっても差は出てくるのですが、
婚活パーティー参加者が実際に成婚する確率は全体のうちの5%~10%と言われています。
全体の5%という確率は、婚活パーティーに参加した人のうち20人に1人は結婚しているという計算になります。
10%はというと、婚活パーティーに参加した人のうち10人に1人が結婚しているという数字です。

1.「相手」を知ろうと努力する

婚活パーティーでは、初対面の異性と話をする時間が大半です。異性と会話をする時に、あなたは何を意識していますか?
「女らしいところをアピールしたい!」
「いい男だと思われたい!」
と、自慢や自己アピールにいそしんでいませんでしょうか?自己アピールもある程度は必要ですが、相手の気持ちを考えて会話をすることも大切です。

また、婚活パーティーでは「自分と相性がいい人を見分ける力」が必要になります。なので、相手が自分と相性が合うのかどうかを見分けるためにも、相手の話をよく聞き相手を知ることが大切です。自分のことばかり夢中になって話をしている人よりも、自分の話を誠実に聞いてくれる人の方が好印象を与えることができます。

2.「相手」に歩み寄ることができる

あなたには、強いこだわりがありますか?人には譲れないこだわりが一つや二つ、誰でも持ち合わせているものです。ですが、他人にも理解できないような強いこだわりが複数ある場合には注意が必要です。その強いこだわりが“結婚を遠ざけている原因”なのかもしれないからです。

結婚とは、「生活」です。こだわりが強い人との生活は、相手にストレスを与えかねないものです。そんなこだわりの強い人との結婚は、誰もが避けたいと感じるでしょう。

そこで、婚活パーティーで意識していただきたいのが「相手に歩み寄ること」です。趣味の話や好きな食べ物の話、どんな話題でも構いません。会話をする中で、相手に歩み寄る姿勢を見せましょう。会話の中で、相手の話を否定する発言は慎むのです。どんな異性の考えに対しても、“そういう考え方もありますね”と余裕を持つことが大切です。

3.「相手」と信頼関係を築ける

婚活パーティーでカップリングまではうまくいくのに結婚ができない人には、欠けているものがあります。それは、相手との信頼関係です。

結婚は、信頼関係が構築できたときに初めてできるものです。ですが、“結婚をしたいという気持ち”が先行してしまっている時は、信頼関係を築くことはできません。結婚を意識することは大切ですが、相手との信頼関係が築けたときに自ずと“結婚”という言葉が出るのではないでしょうか。

結婚できるかは「自分次第」

今まで婚活に失敗してきた人のほとんどは“自分本位”の婚活をしてきた可能性があります。
一度、今までの婚活を振り返ってみてください。
「婚活」「結婚」には、相手を思いやる気持ちが必要です。
まずは、自分自身を見つめ直すことから始めてみましょう。

CONTACT

06-6728-8434

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)

BACK TO TOP