婚活未経験者へ成婚者が教える!お見合いパーティー体験談

2017/09/05

結婚を視野に入れていた恋人と別れてしまうと、「もう誰も自分とは結婚してくれないかも・・・」とショックを受けてしまいますよね。けれど、いつまでもウジウジしているわけにはいきません。あなたの結婚願望が強いなら、早めに婚活をスタートしましょう。

けれど、これまで婚活に無縁だった生活を送っていたら、「婚活って何から始めればいいのだろう?」と戸惑ってしまいますよね。

そこで、今回はお見合いパーティーで成婚した筆者がお見合いパーティー未経験の女性に向けて、ちょっとしたアドバイスを送ります。

お見合いパーティーに着ていく服装は前日までに用意しておこう

お見合いパーティーに申し込んだら、あとは当日を待つのみとなりますが、お見合いパーティーに着ていく服装は前日までに決めておきましょう。特に仕事帰りにお見合いパーティーに参加する場合は、要注意です。

体験談なのですが、私はお見合いパーティー申込みから参加当日まで間があいてしまい、お見合いパーティー当日の仕事中に、「今日が開催日だった!」と気がついたことがあります。

その日は仕事帰りにお見合いパーティーに行く予定だったのですが、当日の服装は動きやすさを重視した女性らしくない格好。お見合いパーティーをキャンセルするわけにもいかず、そのままの服装で参加しましたが、男性側の反応はイマイチ・・・自分自身も楽しくありませんでした。

やっぱり男性側から好印象をもらうためにも、服装を気にかけておくのは大事ですよね。パーティーの予定をしっかり把握し、服装は前日までに用意しておきましょう。

化粧直しや座席取り・・・会場入りはお早めに

お見合いパーティーへの会場入りは、早めをオススメします。なぜかと言うと、早めに到着しておけば化粧直しやプロフィールカードの記入がじっくりと出来るので、気持ちに余裕が生まれます。

特に、夏場・冬場だと、どうしても暑さや寒さに影響を受けます。例えば、夏の暑い中、遅刻ギリギリに会場入りしてしまうと、汗を拭く時間や化粧直しをする時間もなくなってしまいます。また、クーラーが直撃する場所に座ってしまうと、とても寒くなってしまいます。お見合いパーティー中は、そんなことを気にせず過ごしたいと思いませんか?

お見合いパーティー会場に少し早めに到着しておくことで、受付の混雑を回避することもできます。落ち着いてお見合いパーティーに臨むためにも、会場入りは早めに済ませておきましょう。

プロフィールカードには何を書けばいいの?

お見合いパーティーに参加すると、パーティーが始まる前に「プロフィールカードを書いてください」と紙を渡されます。初めてお見合いパーティーに参加した人は、プロフィールカードに何を書いたらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

例えば、お見合いパーティーでのプロフィールカードは、名前・血液型・出身地の基本的なデータのほかに、好きな食べ物・カップルになったら行きたい場所・おすすめの映画などを書く項目があります。

私はこれといった趣味・特技を持っておらず、プロフィールカード記入に毎回迷ってしまうので、スマートフォンに自分のプロフィールをメモしておきました。次回以降はスマートフォンのメモを見ながらプロフィールカードを書いていけば、時間をかけて悩む必要がないのでいいですよ。

体験談から言うと、「相手が突っ込みやすい」「共感しやすい」プロフィールカードを作っていくことが、カップリング成功のコツだと思います。

お見合いパーティーでピンと来る人がいなかったらどうする?

お見合いパーティーが終わる前に、投票用紙に「この人いいな」と思った男性のナンバーを記入します。

でも、参加したパーティーに自分好みの男性がいない場合もありますよね。その場合には、とりあえず自分に良い印象を持ってくれた男性のナンバーを書いておくことをオススメします。

なんとなくイヤな男性だったならまだしも、そうでない印象の男性があなたに興味を持っているのだとしたら、無視してしまうのはもったいないと思います。相手は緊張して、自分の魅力をあなたに上手く伝えられないだけかもしれません。

「自分の条件は外れているけれど、もうちょっと話をしてみよう。」くらいのスタンスでいきましょう。

まとめ

お見合いパーティーの体験談、いかがでしたか?お見合いパーティーは開催日ごとの申込みになるので、その日だけしか出会えない男性もたくさんいます。婚活未経験でお見合いパーティーに参加したことがないなら、まずは軽い気持ちから参加してみましょう。

CONTACT

06-6728-8434

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)

BACK TO TOP