大人気“自衛隊の婚活パーティー”に参加するメリットは? | 結婚相談所の視点から解説

2020/03/13

自衛隊

合コン・街コンよりも、“結婚に本気な人”との出会いがのぞめる婚活パーティー。

現在、価値観があう相手と出会いやすく、パーティーに参加すること自体が楽しい、ある趣味や職業に限定した婚活パーティーが大変人気です。

 

そのうちの1つが、自衛隊限定の婚活パーティー

この記事では、注目を集めている自衛隊婚活パーティーのメリットとデメリットを、結婚相談所のカウンセラーの視点からお話してみようと思います。

自衛隊の婚活パーティーに参加するメリット

自衛隊が主催でふれあいパーティーを開いているくらいなので、自衛隊員本人にしても、「自衛隊で働くような人がタイプ」な人にしても、その需要はかなり高いことがうかがえます。

まずは、そうした自衛隊の婚活パーティーに参加するメリットから挙げていきましょう。

自衛隊員が限定の婚活パーティーに参加するメリット

婚活パーティー

★ 自衛隊の仕事に魅力を感じてくれる人と出会える

自衛隊員が自衛隊主催のふれあいパーティーや、限定の婚活パーティーに参加する最大のメリットは、やはり“自分の仕事に魅力を感じてくれている人と出会える”ことにあるでしょう。

自衛隊の婚活パーティーに参加する人は、自衛隊という仕事に好感を持ってくれています。

自衛隊に限らず、警察官・消防士・医師など特殊な職種に就いていて、「自分の仕事を理解してもらえるだろうか」と不安な人は、自分の仕事が1つのアドバンテージとして確実にはたらく限定婚活パーティーへの参加がオススメです。

一般の人が自衛隊員の婚活パーティーに参加するメリット

婚活パーティー

◆ 1回の参加でたくさんの自衛隊員とコミュニケーションが取れる

一般的な婚活パーティーに、“理想の国防男子(国防女性)が参加するケースももちろんあります。

しかしその数は決して多くなく、偶然に出会うにはなかなか骨が折れるでしょう。その後も自衛隊員に絞って出会い続けることは、ほぼ不可能です。

 

いっぽう、自衛隊の婚活パーティーであれば、当然ながらお相手は自衛隊揃いなので、1回の参加でたくさんの自衛隊員と出会えることになります。

「結婚したい!」と思える理想の自衛隊員と出会う確率も高まるでしょう。

自衛隊限定の婚活パーティーを渡り歩き、自衛隊員に絞って出会い続けることも難しくないはずです。

◆ 収入が安定していて、福利厚生も整っている人と出会える

自営隊は公務員なので雇用・収入が安定しており、福利厚生も整っています。

「結婚相手は手堅い仕事に就いていることが最優先事項」という人にとっても、自衛隊限定の婚活パーティーに参加するメリットは大きいです。

自衛隊の婚活パーティーに参加するデメリット

本人にとっては「自衛隊の仕事を理解してくれる人と出会える」、参加する人にとっては「理想の仕事に就いている人と出会える」「雇用や収入が安定している人と出会える」というメリットが、自衛隊の婚活パーティーにはあります。

では逆に、デメリットはあるのでしょうか? 以下の項目で見ていきましょう。

自衛隊員が限定の婚活パーティーに参加するデメリット

男性 悩む

★ 自衛隊というフィルターで自分を見られることに抵抗が生まれるかも?

「自分自身ではなく、自衛隊の仕事をしている自分に興味を持たれているのではないか?」という不安に陥ると、なかなか抜け出せません。

よくも悪くも自衛隊というフィルターが1回通ることを潔く受け入れられないと、精神的な負担が生じるおそれがあります。

★ “実際の自分”と“自衛隊のパブリックイメージ”のギャップを埋めることが大変

自衛隊の婚活パーティーに参加している時点で、自衛隊の仕事に好感を持ってくれているとはいえども「どこまで理解してくれているのか?」は、“ちょっとタイプ”から“マニア”の間で雲泥の差です。

例えば、転勤が多い自衛隊員もいますし、そうでない自衛隊員もいます。また「いかにも!」という感じで体格がいい自衛隊員もいれば、外見は自衛隊っぽくない自衛隊員もいます。

 

これを理解してくれていれば安心ですが、そうじゃない人とのコミュニケーションは少々大変です。

「自衛隊とはこういうものでしょう?」というイメージを持たれる⇒それを逐一訂正していく⇒そして時にその反応に落ち込む……という一連の流れが、自衛隊の婚活パーティーでの気苦労になり得ます。

一般の人が自衛隊員の婚活パーティーに参加するデメリット

女性 悩む

◆ 自衛隊の人とばかり出会ってしまう

毎回自衛隊の婚活パーティーに参加すると、当然ながら自衛隊の人とばかり出会うことになります。

同じなのは自衛隊という肩書きだけで、1人1人の結婚相手としての魅力がまったく異なることは言うまでもありませんが、それでも視野を狭めてしまっていることは事実です。

 

他の種類の婚活パーティーに出かけることで得られる“出会いの可能性”が得られないことが、自衛隊限定の婚活パーティーのデメリットでしょう。

「自衛隊で働く人って素敵……!」と思う人が最終的に結婚する相手とは?

結婚カウンセラーをしていると、「公務員と結婚したいです」などと、お相手の仕事に強いこだわりを持っている方と多く関わります。

そうした方の中には、もちろん希望通りに公務員と結婚する方ももちろんいますが、最終的に一般企業の方と結婚するケースのほうが大多数です。

 

皆さま「諦めて結婚した」という風ではなく、「ビビッときた相手だったので、公務員かどうかは気にならなくなった」という風でした。

“仕事を重視しているつもりでも、結局はその人の人柄に魅かれることのほうがずっと多い”ということです。

【まとめ】

結婚

自衛隊の婚活パーティーは、自衛隊の仕事が忙しく出会いがない自衛隊員にとって、そして「自衛隊で働いているような人が理想」な人にとって、うってつけの出会いの場であることは確かです。

ただし、自衛隊本人には自衛隊のパブリックイメージのギャップを埋める苦労が、そして結婚相手に自衛隊を選びに行く人には、実際に恋愛・結婚生活を送る段階での苦労(※1)が生じることを、許容しておかなくてはいけません。

(※1 外出に門限があったり、休みのはずが緊急出動になったり、転勤が多かったり……etc)

 

自衛隊に限らず、特定の職業にこだわって結婚相手を探す人は多くいます。

最初の1~2回はいいと思いますが、なかなかどうしてうまくいかなければ、特定の職業に対するこだわりを捨ててみてはどうでしょうか。

第一希望の職種の婚活パーティーでなくても、素敵な人と出会える可能性は高いですよ!

 

【大阪の婚活パーティーなら結婚相談所「関西ブライダル」が安心!】

⇒ 公務員など安定した職業の男性が参加する婚活パーティーはコチラ★

⇒ たくさんの男性と出会える婚活パーティーはコチラ★

⇒ たくさんの女性と出会える婚活パーティーはコチラ★

CONTACT

06-6728-8434

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜日(祝日の場合は営業)

BACK TO TOP